双極性障害と向き合う|この病気の治療に関する情報

見分けるのが難しい

ドクター

双極性障害の症状は、基本的に判断が難しいとされています。またこの障害にはI型とII型と分類されており二つは同じような症状があるといわれています。そのため、心療内科や精神内科への受診を前向きに検討するほかありません。もし自分やそれ以外の人に双極性障害のような症状がみられる時は、医師の見解を聞いた方が非常に正しい回答を得られるでしょう。自分がもしなっていたらという不安は、精神的にも不安定になるのでできれば早めに自分から受診を促すか、家族と相談を重ねて決断すると良いです。双極性障害は、専門科である精神科医でも判断が難しいといわれている疾患です。それを簡単にチェックが出来るサイトもありますが、正確に判断出来るとは限りません。まず、I型とII型の違いを知ることが大切なので知識を深めることもこれから重要になるでしょう。まず双極性には、いくつかの病相がありますが症状も各自異なってきます。決定的なものだと躁状態、もしくはうつ状態でしょうか。ほぼ無症状の人もいますが何かがきっかけで双極性障害に似た状態になることもあり得ます。それ以外では、混合状態になりとても複雑な状況といえます。双極性障害は、あらゆる病相を参考に医師自ら見極めて診断を下しますが、現在出ている病相では中々判断がつかない点もネックでしょう。そして、双極性が発症するうつ病と一般的なうつ病はとても似ているので、これが一つの病相だと判断すると適切な治療が受けられなくなる可能性も否めません。同様に、双極性障害の躁状態と統合失調症の幻覚や妄想状態の症状も場合によっては医師も見分けがつかないケースもあります。さらに双極性障害特有の気分の浮き沈みやパーソナリティの障害でよくみられる気分屋の部分も双極性障害にありがちな症状なのでこちらも判断が難しくなる傾向にあります。双極性には様々な事を複合して判断することが何よりも重要ですが、一番厄介なのが他の精神病と合併することです。先ほど挙げた様々な精神疾患も双極性障害なら簡単に乗り移ってしまいます。そのため、しっかりと治療に専念するためにも双極性障害に精通する精神内科や精神科医の診断が必ず必要になってくるのです。

見分けるのが非常に難しい双極性障害をチェックする重要なポイントがありますが、一つ目は経過です。現在症状として出ている病相だけで判断するのがまだ早いので、今までの気分の波を思い出してみます。それが自身や家族が双極性障害かどうかを見極める重要なカギになるでしょう。例えば、気分の不調のみが出ている状態と素人でもうつ病だろうと解釈しますし、この時点ではまだ双極性障害だと決めるのは早すぎます。それに躁状態が出現しない限りは、双極性障害を一番に疑うことはできないでしょう。とはいえ、医師も慎重に診断を下す義務があるので、双極性障害からくるうつ病の症状という具合に診断をし、それを念頭に置いて様々な検査を行なうのが一般的です。診断基準には、まず躁病に関するエピソードと軽い躁病のエピソード、抗うつに関するエピソードはありますが、ここから判断する時躁病エピソードにとても似ているという条件があれば双極I型の障害だと分かります。また、軽い躁病のエピソードと抗うつエピソードを満たしていれば、双極性II型だと診断されるでしょう。それぞれどのようなエピソードを持つのかを知るためには、サイトで紹介されている例や精神科医の話に耳を傾けることです。