双極性障害と向き合う|この病気の治療に関する情報

チェックする

顔を覆う人

異常なハイテンションを見せる双極性障害は、気分の落ち込みと感情の高ぶりに妙な差があります。この差に気付くまで時間がかかるケースも少なくなく、酷くなってからやっと病院へ受診することもあります。双極性障害がもっとひどくなれば大うつ病に進展する可能性も否めないため、いつもより様子がおかしいと感づいた時は必ず病院を受診するようにしましょう。双極性障害の主な治療は、薬や心理関連ですがこれが効いているうちは普通の人とそう変わりません。話も普通にしますし気分の落ち込みや急にハイテンションになるという症状も一切ありません。ごく普通です。しかし、治療に専念しないと再発するのが双極性障害の怖い所です。結局また振り出しに戻りますから家族も精神的に参ってしまうでしょう。しかし本当に辛いのは家族ではなく双極性障害を患っている本人なので、それを理解しつつ暖かい目で治療を見守ることが何よりも大切になります。なお、自身が双極性障害だと分かった時感情の浮き沈みをコントロールしようと頑張りますが逆にストレスになる可能性があるため、無理をさせてはいけません。ただ、自身が症状に対してしっかりと理解していれば、感情の浮き沈みへ上手に対応できますし周囲が困惑するような振舞いも制御することができます。ここまでコントロールができれば診療内科や精神科での治療は全くいりませんが、万が一のことを考えると、一度は病院を受診した方が良いかもしれません。双極性障害はうつ状態になると何週間も塞ぎがちになるため、外との交流も一切しなくなります。結局何をしても楽しめずに終わるため生きる希望が見いだせなくなる可能性があるでしょう。以前と違うハイテンションも双極性障害を疑いますがこういった気分の浮き沈みも、症状の特徴なのでハイテンションじゃなくても注意深く観察する必要があります。うつ病になった人を診断してみると、10人に1人は双極性障害をもっています。調子が良い時は何をしても怖くないので無茶をすることもありますが、本人は至って元気です。活発な時期の子供はよく怪我をして帰ってくるでしょう。うつ状態とはまた違う姿に家族はホッとしますが、実は双極性障害のサインを見逃している可能性があります。このサインを見逃すと最悪、死に至るケースも少なくなく家族のサポートが何よりも重要になります。愛するわが子のために懸命に動く親だと双極性障害へ上手に付き合うためにネットに上がっているセルフチェックを利用するのが一般的です。少しでも症状を軽くするためにネットを使ったセルフチェックを利用すれば自分も双極性障害について理解できますし、わが子や恋人の変化に気づきサポート役に立つことが可能となります。

双極性障害は、何度も症状を診ている医師でさえ正確に診断するのが難しいといわれています。また、似たような症状が沢山あるため、自己責任で決めつけるのは避けたほうが無難でしょう。自分の子供や恋人が普段の様子と違うと感じた時、自らチェックを行なうことで双極性障害を疑うことができます。例えば躁の部分だと頭が冴えており気分がハイになっている、すごい存在に思えてならないなどが判断基準になります。ただ、双極性障害になると周囲が愚鈍に思えてイライラした感情が芽生えることがあります。この三つが少なくとも一週間から二週間続いているようなら病院を受診する必要が出てきます。