双極性障害と向き合う|この病気の治療に関する情報

チェックする

妙なハイテンションになりがちな双極性障害は、見逃すと深刻な事態に発展します。そのため、早急に病院へ受診をすることが何よりも大切になります。まずはセルフチェックをして自分や家族に疑いがないか調べていきましょう。

見分けるのが難しい

自信が双極性障害なのか、簡単にチェックができるサイトがありますが実際のところ判断が難しい障害になるため独断での判断は難しいといわれています。心配であれば一度精神内科の受診を勧めるでしょう。

普段と違う

急にハイテンションになる人がいますが、経験者からみれば双極性障害なのではと疑います。しかし、それが一時的なものもしくは、その時のみだった場合確定することはできないでしょう。

基本の症状

カウンセリング

気分の浮き沈みが激しいと、何もする気が起きなくなります。また、自分自身も感情に振り回されてしまうため疲れます。うつ状態になると長期間ふさぎ込んだり気分があまり乗らなかったりします。そういった症状を少しでも改善するために心療内科への受診と家族の理解を求めています。この双極性障害ですが調子が良い時は本当に元気で、精神に問題を抱えているように見えません。そのような理由から発見が遅れるケースも少なくありません。またうつのように長期間落ち込む事がないので仮に元気がなくても翌日問題が見られない時は家族も放置する傾向にあります。双極性障害を完治させるためには心療内科の治療が最も重要だといわれており、また深刻なうつ状態にもっていかないよう家族も双極性障害について理解を深めていく必要があります。双極性障害の特徴は、異常に気分が高揚することです。この状態だとほとんど眠らず一日中行動をしています。また、ずっとしゃべり続けたり手あたり次第色々な人に絡んだりと周囲を困らせることがあります。エネルギッシュな状態なので、斬新なアイディアが沢山飛び交いますが集中力がなくなり注意散漫になりがちです。大事な書類づくりやお子様の場合工作をしている最中も気が散りますから完成させることができなくなります。気持ちが大きくなっている今、何でも買い物かごに入れて会計もバカになりません。物を意味もなく破壊するのも双極性障害が持つ最大の特徴でしょう。常にイライラしっぱなしの状態が続くので、周囲も気を遣わざるを得ません。どうすれば相手と気分よく過ごせるか悩ませてしまうのも双極性障害です。本人は至って普通だと思い込んでいますから厄介な部分がありますが家族が教えてあげることで治療が必要なのだと気づいてくれます。今は双極性障害に関する治療方法も沢山ありますから、わが子や友達、恋人を守る意味でも心療内科への受診を積極的に勧める必要があります。

双極性障害になると、気分が高まり何をしてても騒がしいですが短時間の睡眠だけでも活発に動き回るタイプの症状もあります。さっきまで落ち込んでいたのが別人のように明るくなりハイテンションになるのが一般的です。人間関係へ積極的になるため、いつもより人との関わり合いを求めます。過剰と思われる部分があるので、精神疾患に詳しい医師はすぐに双極性障害だと見抜くでしょう。またこの状態だと自身がその症状に蝕まれていると気づかないので、気づくまでに時間がかかってしまいます。一方、双極性障害のうつ病は、とても回復が遅く何日も続くことが普通です。何をしても楽しさを感じられず喜びを乱せなくなる症状はうつ病にとても似ているでしょう。双極性障害は、大うつ病に比べると寝る時間が大変長く、過食気味になります。食べてもお腹が空いている感覚があるので肥満の原因になるでしょう。酷い時は幻聴や妄想が多くなり、現実と空想の区別が付きにくくなります。この時の診断は、躁状態の有無ではっきりと分かります。ただ、双極性障害の悪いクセは、たまたま今日は調子がよかっただけと勘違いすることです。そのため、障害があるにもかかわらず、心療内科への受診がまた先送りになります。そうなる前に、気分の落ち込み方とハイテンションの時の様子を注意深く見ていきましょう。じっくり観察すると双極性障害がない人との差がはっきりとわかるようになり、素人でもすぐ判断ができます。双極性障害の治療は、心療内科や精神科で行ないますが実は一度治っても再発を繰り返している人もいます。主な治療方法としては、薬物と心理社会性治療の二点ですが、これらを組み合わせることで根本的な治療が可能です。ただ、再発した理由に薬を飲まなくなったことが関係しているので良くなったからと自己判断せず、医師の指示に従って飲み続けることが何よりも大切になります。もし再発のサインが見受けられたら、すぐに受診をしましょう。